放っておいたら恐ろしい、外壁塗装の失敗しない業者選び

無料見積もり・ご相談

放っておいたら恐ろしい、外壁塗装の失敗しない業者選び

☆放っておいたら恐ろしい、外壁塗装の失敗しない業者選び(高槻市が拠点の外壁塗装業者です)

2021/05/26

失敗しない外壁塗装の業者選び

高槻市が拠点の外壁塗装・屋根塗装業者A-paint

こんにちは!!

高槻市が拠点の外壁塗装業者A-paintです。

本日はお住まいの地域は関係なく全国の皆様に向けて失敗しない外壁塗装の業者選びのポイントに

ついて、書きたいと思います。(最下部に弊社の外壁塗装提案書を掲載しておりますのでそちらだけ見て頂いてもOKです)

 

まず、外壁塗装の必要性です。

家を守る外壁、屋根この二つを健康的に保つには塗装が重要です。

見た目はもちろん、塗膜をいい状態で保っておくことで壁のひびや割れを防ぎ、雨漏りのしない強い

状態を維持します。

この塗膜は残念ながら永久的なものではありません。塗料の種類によっても耐久年数が異なります。

春夏秋冬、暑い日も寒い日も、台風などの、雨や風、地震、紫外線すべてからダメージを日々受けています

それらを伸縮性のある塗料の膜が伸びたり縮んだりしながら守ってくれています。

その機能にも寿命があります。それが先ほどお伝えした塗料の耐久年数です。

屋根の方がダメージは受けやすく、耐久年数は壁に比べると短くなりますので屋根の塗り替えの時に一緒に

外壁を塗り替えられる方が大半です。

クラック(ひび割れ)やチョーキング(壁を触るチョークの粉のようなものが付着する)が発生してくるのも視覚的な塗り替え

時期の判断材料です。

気温差や年間の降雨量の違い等から、お住まいの地域によっても寿命の年数は変わってきます。

以上の事から平均的に10年~15年に一度が塗り替えの目安時期となっています。

お家を守るという観点、塗料の耐久年数を踏まえると外壁・屋根のお塗り替えは”必要”という事になります。

塗装の目的は3つです

美観・劣化防止・快適性を上げる

美観に関しては見た目を復活させて、デザインを変更させることで購入当時よりお洒落にし、新築同様もしくはそれ以上の

お気に入りのお家に生まれ変わるかもしれません。「あの家お洒落ね」と言われる事も増えるかもしれないですね!

劣化防止に関しては、先程お伝えした雨漏りを含むいろんなダメージを事前に防ぎながら躯体や外壁材や部材を守り

お家がボロボロになるのを防ぎます。

快適性については、塗料には特性はそれぞれにありますが、防水や防カビ遮熱・断熱、低汚染などの機能があり、塗り替え前

に比べても住みやすく快適な家に変えることが出来ます。遮熱はエアコンの効き方が変わったりもしますね!

 

長い間放っておくとこの3点が取り戻しにくく、工事の金額どんどんあがってしまいかねないです・・・

お早めに・・・というのはこういった理由があります。

「外壁塗装をあと回しにするのは恐ろしい」とまで言われる事もあります・・・(脅しみたいになってすみません)

 

また、塗料の種類によって耐久年数や機能、価格も変わってきます。

種類としては画像の4種類が代表的なもので各メーカーからそれぞれの塗料が出されています。

耐用年数が増えると価格も比例してあがります。

ここ最近はシリコン塗料が主流にはなっています。

次のポイントは費用です

皆様が一番気になる所ですよね

外壁塗装は決してお安くありません。それらの費用が何に使われているのか、そこに注目したいと思います。

まず、外壁塗装を依頼する際は、ネットで調べたり、チラシをみたりされるかと思いますが、ハウスメーカーさん、

大手工務店さん、営業のみを行って下請け業者に繋ぐ会社さん、塗装専門店、といった依頼する会社だけでも

これだけあるのですがここから選択に迫られます。

どこにお願いするのがお客様にとって最善か、しっかり考えて選んで頂きたいです。

ここで費用の内訳を簡単なグラフにしてみましたのでご覧ください。

 

専門店(地元密着の業者の多く)

塗装専門店以外の内訳

このような内訳になっています。

専門店は材料費・工事費(人件費・技術費・足場仮設)・利益の必要最小限となりますが・・・

それ以外の会社に依頼すると、

訪問営業マンの利益や仲介手数料、紹介料、下請け業者の利益等が上乗せされることになります。

材料費や利益が下がる訳ではありません。

もしこれで金額が上がっていなければ、職人さんに負担がかかっている可能性があります。

そうなると、技術を存分に発揮できなかったり、工程が予定通りにいかなかったり、いわゆる手抜き工事

というものが発生する可能性もあがります。

職人さんというより、仕組みが良くない状況だなと思います。

ここまでの説明でお分かり頂けたかと思いますが、地元の(お近くの)専門業者さんに依頼するのが最善かと思います。

保証や契約をしっかり説明してもらえる事は大前提で、相見積もりを取ってコミュニケーションを取るようにして信頼

できる所を選ぶようにして下さい。

相場価格は90万~120万といったように価格に大きな幅があります。

それも業者によって金額も幅も違います。

安ければ良いって事でもないですし、高いから質がいいって事でもないです。

本当に業者選びといい業者と出会う事は難しいことだなと・・・

皆様が信頼できる人に出逢えますよう願っております。

付け加えると大きい会社は運営にも大きな費用が掛かりますので、金額には反映されていると

考えてください。大きい所は信頼しやすいのも事実ですが・・・

相見積もりの大切さは判断材料を増やすところにありますので3社ぐらいは取った方がいいでしょう

次のチェックポイントは品質(職人の技術・知識)です

職人としての経験、知識はかなり重要になってきます。

歴の長さはもちろん、塗装の技術だけではなく建物に対する知識など様々な能力が必要とされます。

大手業者などは、新人などもいたりどの職人が来るかわからないので、技術や接客対応などにムラがあるような気がします。

教育はもちろんしっかりされているかとは思いますが。

地元の業者は少数精鋭(親子など)が多いので、そのあたりはムラがなくいいかもしれません。(私たちがその中の1社です)

建築業と一括りにされる事が多いですが、各専門分野が分かれていて業務も必要な知識も変わります。

家を建てたり守ったりする職人さんもいれば、逆に解体専門の職人さんもいますし、もっと細かくすみ分けられているので

すが建物がどのように出来ているか基礎知識が必要になってきます。(必須ではないですが持ってると安心して任せられますよね)

 

こちらも押さえておきましょう。

続いては、納期(工期)です。

屋根の工事の有無や天候によっても変動はありますが、16日間~20日間ぐらいです。

早いからいいという訳でもないのがまた難しい所です・・・

塗装のとても重要なチェックポイントはインターバルです。

ここは必ず知っておいて頂きたいです。

インターバルとは乾かす時間の事です。

下塗り➡インターバル➡中塗り➡インターバル➡上塗り

の手順で塗っていくのですがこの乾かす時間が塗料の密着にとても大切な時間になります。

各塗料の缶などに目安時間が書いていますので工程表等を職人さんに見せてもらった時に、インターバルは

どのぐらい取りますかと尋ねてみて下さい。(この人知識あるなと思って手抜きを防ぐ一つの手法にもなります)

インターバルは4時間

ちょっとした豆知識ですので覚えておいてください!

天候に左右される点はご了承ください・・・

弊社は工程の都度ご報告をしています。豆に連絡を取ってくれる業者もございますので、一度問い合わせてみても

いいかもしれません。

 

近隣へのご挨拶も、しっかりとしてもらえる所を選びましょう。

当たり前の事かと思いますが近隣対策は大切でよね。

一緒にいくのもよし、お任せするのもよし、今後のご近所さんとのお付き合いもあるかと思いますので

こちらも大切にしましょう。

私たちは洗剤などを持って一軒一軒ご挨拶にお伺いしています。(コロナの事もあるのでお手紙を投函させて頂く場合もございます)

ご相談して決めましょう。

さらにチェックポイントですが、

自社施工の業者をお選び下さい!!

価格の所でも少し触れましたが、余分な費用などを削減したい場合は自社施工業者が1番です

間に何社も入るとその度に手数料が発生する事は想像できるかと思います。

 

価格ももちろんですが、連絡のスムーズさ(「確認します」や「週明けにまた連絡します」などが圧倒的に少ないです)

下請け業者が来て、意思の疎通ができていなかったり、話と違うという事も起こりくいです(トラブルの原因)

こういったトラブルの原因やサービスの低下に繋がる要因のほとんどを自社施工業者を選択する事で事前に防ぐ事が

できます。決済権がその会社にある事が重要なのかなと思います。

また、工事終了後もちょっと気になるなど、見てほしい等が出てきた場合も近くの業者であれば、即時対応も可能な

可能性が高いです。メリットが多いです。

デメリットは見つけにくい、沢山の軒数を一気にできない(お客様には関係ありませんが)ぐらいですかね・・・

フランクさが過ぎるとか?いや、口下手な人が多いように感じます・・・

やっぱりなかなか見つけにくい点ですね。

地元の業者をググって見つけてください!私たちは見つけてもらえるように頑張ります!!

SEOの壁を越えたい。営業のみの会社はここが強いのでネットで上位に表示される事が多いです。

見習いたい点です。

外壁塗装をするといい事は、、

大切な家を守る事の他に資産価値の維持・向上という所にもあります。

10年以上前のことで忘れてしまっているかもしれませんが、お家の購入を決める際に

誰かに貸したらいいや、子どもに相続する、最悪売ればいっか、など二次利用をする事も考えていませんでしたか?

貸すにしても古く見えたり、雨漏りしてたら中々借り手も見つからなかったり、お子様が大人になった時に相続しても壁が

割れていたりして壁や屋根が腐食していたりして、修理にもっとお金がかかったり、そうなった場合売るのも難しくなると

思います(10年や15年でそんな風になる事はないと思いますが、適切な時期に定期的にメンテナンスをオススメします)

もちろん外壁塗装にも高額なお金がかかりますが、

建物やすべてのモノは壊れていったり、寿命が付き物です。(大切なものを守る為にはお金がかかるなあ・・・)

長期優良住宅の制度などがあったり、補助金や助成金も各自治体にあります(制度の違いや条件の違いはあります)

そういった制度を調べてみるのもいいかと思います。

壁の改修工事などに比べると塗装はまだ金額的にも抑えられるのは事実です。

リフォームローンなども各銀行さんが用意してくださっていますので、こちらを利用されるのも一つかと思いますので

ご検討してみてください。

大切な資産を守る一つの工事としてもしっかりお考え下さい。

また、美観・子どもたちの思い出の景色としても大切なのではないかなと考えています

やっぱり、キレイお家っていいですよね。

ご自身が思うようにお子さまもそう思うのではないでしょうか・・・

私自身学生時代の思い出の景色にお家が印象的に残っていて、

学校で嫌な事があった時、いい事があった時、疲れた時、失恋した時、友達が遊びに来た時、

いろんな場面に家が登場します。

その家がキレイだったり、自分が好きな場所だったらいいなって思う事があって、お子さまの思い出の景色に

どんな状態の家にしておいてあげるかって観点もおまけかもしれませんが、あるのかなと感じています。

家は家族の大切な大切な居場所なので。

 

外壁塗装は約100万円を掛けてする工事なので業者選びで失敗して欲しくないですし、もちろん

トラブルやクレームを言わないといけない状況になってしまうのはとても悲しいです。

業者探しや連絡のやりとりは確かにめんどくさいと思いますし、時間も取られてしまいます。

ですが、適当に選んでしまっては後からもっと時間を取られる事になりかねません。

お手間をできる限り取らせないようにするのもこちらの努力です。連絡の回数を減らしたり、

一回のやりとりでわかりやすくする事にも注力していきます。

塗装工事をするか考える際に、、、

塗装をする必要があるかどうか(ご家族と家の状態と将来家をどうしていくかご相談頂く)

業者を探す(Googleで検索したり、チラシを見て問い合わせたり、お知り合いに業者がいたらベストですね)

そして、、

最低3社の相見積もり(見比べる)

単価や平米数、平米数が変わると単価がいくら安かったとしても価格はあがってしまいますので見比べる時に注意して

見てください。塗装の面積に対して塗料の缶数、塗布量も塗料メーカーの指定量があります。

見積もりの項目としては

・仮設工事(足場架設)

・高圧洗浄

・屋根塗装

・補修工事

・防水工事

・付帯部塗装(樋など)

・運搬・廃材処分費

・管理諸経費

 

少なくてもこのぐらいの項目はあり、

それぞれに数量、単価、そのほか、平均的な仕様が書いてあったりもします。

これらを3社分見比べます。

見積もりは無料の業者がほとんどですし、会わずに見積もりを取ることも可能です。

※住所や時間帯の相談など連絡の必要はあります。

税込み価格か税抜き価格で表記されているかも必ずご確認下さい!

 

工事業者を決定(御見積書の期限は1カ月の所が多いです)

続いて、

契約と保証等の説明

契約内容と、保証の説明は業者によって少しずつ違いますので、

コミュニケーションをとるようにしてくださいね!!

施工代金の支払い方法などもここでしっかり確認してください。

(事前にももちろん説明はあります、再確認して認識の共有だと思って下さい)

 

仕様のお打ち合わせです(色などやデザイン)

カラーシミュレーションをしてくれる業者もあります。

なくても色の資料はありますので、楽しんで決めて下さいね!!

 

決める事考える事いっぱいですよね・・・(ファイトです!!!)

 

着工日の決定

 

そして、先ほども書きましたが

 

近隣の方へご挨拶

 

いよいよ着工

 

私たちA-paint(株式会社AremoCoremo)は大阪府高槻市が拠点で北摂地区周辺がメインで活動していますが、

全国各地の外壁塗装工事をされる方々に失敗をして欲しくなく、大阪よりこういった塗装情報や知識を発信

していきます。

数ある業者の中から選び抜くのは大変かと思いますが慎重に選んでください。

私たちA-paintの外壁塗装の提案書です!!

長々と書きましたが塗装工事の流れはコチラを見て頂いてもわかるかと思います。

職人、経歴と資格などの紹介です。

少数精鋭のチームで活動しております。

施工管理技士は国家資格ですので建物、建築現場に関する知識は豊富です。

こちらが御見積り、工程、お引渡しまで全体の流れです。ご報告ポイントを設けておりますので、今どんな工事が行われているかがわかりご安心

頂けるかと思います。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

私たちは高槻市や豊中市、箕面市をはじめ北摂地区を中心に工事を承っております。

大阪府内のお客様はお気軽にお問い合わせ下さい!!

大阪府高槻市芝生町2丁目10-1ブレイン芝生町ビル1F

外壁塗装・屋根塗装・防水工事

A-paint(株式会社AremoCoremo)

代表取締役社長 伊藤匡太

2021年5月18日追記

 

近畿地方梅雨入りしました。

早い!!

雨漏り大丈夫でしょうか?

沢山言ってますが本当に外壁にとって雨は強敵です。

雨漏りしていないかチェックをお願い致します!!

 

2021年5月21日追記

高槻市も凄い雨でした・・・

雨音も激しく、川の水量も増していて恐怖を感じる雨でしたね。

避難警報も鳴ったりで、落ち着かない1日の始まりでしたが、現場へ行ってきました。

皆様のお家は雨漏りしていませんでしょうか?

 

高槻市をはじめ、豊中市や箕面市等、北摂地区をメインに外壁塗装を請け負っておりますので、

お気軽にお問合せ下さいね!!

失敗しない為に、外壁塗装のお見積りは相見積もりが必須です!!!

お問い合わせを頂いたのですが、茨木市や摂津市、吹田市の外壁塗装・屋根塗装ももちろん承っております!!

あくまで、高槻市が拠点ですのでお気軽にご連絡下さい!!

外壁塗装で失敗したくない方は高槻市のA-paintまでお見積りやご相談下さい!!

 

A-paint代表 伊藤匡太

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。